民事再生法

費用の立て替え

 

債務整理の費用はどうやって捻出するかは、債務者にとっていつでも大きな課題です。

 

債務整理にかかる費用を工面すること自体、自分ではできないこともあります。

 

だからと言って、このままの借金の状態を放置しておくともできないという状況もあります。

 

そんな中、工面するための方法として、弁護士や司法書士の費用を立て替えてくれる制度を活用することもできます。

 

それを行っているのは、法テラスという日本司法支援センターという、国が設立した法人です。

 

この制度を受けるにあたって、無料の法律相談を受けた結果、弁護士や司法書士の援助の要件に満たす場合には、建て替えの制度を勝代することができるようになります。

 

要件が満たされているなら、債務者と担当する弁護士と法テラスの三者で契約を交わし、法テラスが債務者に代わって弁護士費用を立て替えてくれます。

 

この援助を受けるには、無料相談で確かに援助が必要だと判断される以外に、勝訴の見込みも必要となります。

 

その基準は、月の手取り額が一定の額に以下であることが求められ、それを売らずける書類が必要です。

 

この法テラスの、弁護士や司法書士の費用立替は、給付ではありません。

 

ですから、原則として援助決定後から、毎月月額5000円から10000円ずつ支払う必要があります。

 

この額は、状況に応じて増減することも減額することもあります。

 

特別の事情があるような場合は、それに合わせて猶予することもあります。

 

このような制度を使ってみることもできます。