個人民事再生法

保証人の問題

債務整理をする際に注意することとして、保証人がいるケースがあります。

 

債務整理をする、究極の方法として自己破産がありますが、自己破産が裁判所で認められれば、あなたの債務はチャラになります。

 

しかしもしあなたの債務がチャラになったとしても、保証人に対して債務の支払い義務が残されてしまうのです。

 

もし保証人を付けた債務を自己破産などするのであれば、保証人となっている人と話し合いをする必要があります。

 

上で紹介をしたように、もしあなたが勝手に自己破産をしてしまえば、今度は多大なる迷惑が保証人にかかってしまうことになります。

 

保証人がきちんと債務返済をすることができるのかどうか、まずはチェックをする必要があります。

 

もし債務返済が難しいということになれば、あなたと一緒に保証人の方も債務整理をする必要が出てきます。

 

その説得をして、相手が了承をしたうえで、あなたの債務整理の話を進めていく必要があります。

 

保証人になってくれている人は、あなたのことを考えて、保証人になってくれているはずです。

 

あなたも債務整理や自己破産といった大きな行動をとるのであれば、相手のことを思いやる必要があります。

 

恩を仇で返すようなことだけはしないように注意すべきです。